バリ家具の関税コード(HSコード)早見表と実行関税率の早見表

バリ家具の関税コード(HSコード)早見表と実行関税率の早見表

バリ島からの個人輸入で、人気のあるバリ家具を輸入するときに必要なHSコード早見表と実行関税率の早見表を作成した。バリ島から家具を輸入する場合には、どんな種類の家具なのかを特定し、割り当てられた関税コード(HSコード)を決める必要がある。分類された家具にはそれぞれHSコードを割り当てた後、HSコードに従って輸入関税が掛けられる。つまり、家具の特徴を特定 → HSコードを決定 → 輸入関税率が決まる、という手順だ。...
【バリ島個人輸入】インドネシア産はちみつの関税手続きの徹底解説

【バリ島個人輸入】インドネシア産はちみつの関税手続きの徹底解説

バリ島で栽培したインドネシア産のはちみつ(蜂蜜)を個人輸入するときの関税手続きについて徹底解説する。はちみつと言っても天然はちみつやはちみつの加工品、ローヤルゼリー、プロポリスなどいろいろな加工品種のはちみつがあるので、それぞれの原料や製造方法などによって輸入の関税率が変わってくる。 また、パンケーキなどにつけて食べるペースト食品や肌に触れるハニーソープなどの化粧品、ローヤルゼリーなどの輸入については、必要な手続きや提出する書類が普通のはちみつ食品の輸入時と変わってくる。...
【バリ島個人輸入】儲かるサンダルや革靴の関税手続きの方法徹底解説

【バリ島個人輸入】儲かるサンダルや革靴の関税手続きの方法徹底解説

バリ島(インドネシア)から儲かるサンダルや革靴などのシューズ関連製品を個人輸入するときの関税や、原産地証明の取り方について分かりやすく説明する。 単刀直入に言って、サンダルや革靴などのシューズ関連製品のバリ島からの個人輸入ビジネスは、仕入れ価格を抑え、利益率を高くできる儲かる商品である。以下の説明を読んでほしい。...
【バリ島個人輸入】シューズ関連(革靴やサンダル)の関税率早見表

【バリ島個人輸入】シューズ関連(革靴やサンダル)の関税率早見表

バリ島(インドネシア)からサンダルや革靴などのシューズ関連製品を個人輸入するときの関税率(HSコード)の早見表だ。税関の実行関税率表(2017年4月1日 1月1日版)を基に作成したもので最新版となる。以下の早見表を使えば、実際に輸入する靴の関税率が素早く簡単に求められる。 バリ島(インドネシア)から靴(サンダルや革靴)を個人輸入する場合には、サンダルや革靴の特徴や用途から関税コード(以後、HSコードという)を決定し、その後で輸出国や貿易協定などから関税率が決まる。そして関税率から計算された関税を支払って、商品を受け取ることになる。...
個人輸入でも使える!インドネシアで人気のネット通販に出店する方法

個人輸入でも使える!インドネシアで人気のネット通販に出店する方法

日本において人気のネット通販といえばAmazon(amazon.co.jp)や楽天市場だが、経済成長著しいインドネシアでも将来楽しみなネットショップがいくつも誕生している。 前回は、「トコぺディア【Tokopedia】」というインドネシアでこれからさらに拡大しそうな新興ネット通販の会社をご紹介した。 → 「ソフトバンクが107億円を出資したネットショップに出店する方法」...
ソフトバンクが107億円を出資したネットショップに出店する方法

ソフトバンクが107億円を出資したネットショップに出店する方法

ソフトバンクの孫正義社長が惚れ込んで約107億を出資したインドネシアのネットショップがある。日本ではあまり知られていないが、現在インドネシアで最大のネットショップとなっている「トコペディア」【Tokopedia】だ。 トコペディアのCEOのウィリアム氏は、2016年8月の7周年創立記念式典において、「毎月16.5万個の商品を送付し、約165億円/月の取引がある」と発表した。取引総額にすると楽天市場(日本国内EC事業)の約240億円/月に迫る勢いだ。[2016年度Q2事業別実績より算出]...